Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
リモートワーク 事務局
画像を見ながらテキスト入力する手間は、思いの外面倒なものです。せっかく印刷された文字があるのに、手入力しなければならない…というときに便利な「スマホのカメラで画像をテキスト化する方法」を紹介します。リモート会議の資料をテキスト化するときにも役立つかもしれませんよ。

Googleドライブを使う

スマホで撮影した写真を、自分のGoogleアカウントにログインしてからGoogleドライブにアップします。アップする方法はスマホから直接でも、PC経由でのアップでもかまいません。アップしたら、PCでGoogleドライブにログインし、先ほど撮影した写真を選択します。該当写真を選択した状態で右クリックし、「アプリで開く」→「Google ドキュメント」をクリックします。

するとGoogleドライブにアップした写真の文字が解析され、テキストに変換されたデータがGoogleドキュメントに変換されます。これでコピー&ペーストも可能になります。ただし、スマホでGoogleドライブにログインしても画像からテキストへの変換はできませんので、必ずPCを利用してください。

OneNoteを使う

Microsoftの「OneNote」でも同様に画像内の文字をテキストデータ化することができます。画像をOneNoteに貼り付け、画像を右クリックすると「画像からテキストをコピー」を選択すると、クリップボードにテキストがコピーされます。あとは、コピーしたい場所へカーソルを移動し、ペーストすれば完了。こちらも画像から文字を解析する方式のため、解像度や文字のデザインによっては正しく読み取れないこともあります。

Googleレンズを使う

Googleドライブ、OneNoteともにPCを使った方法ですが、スマホアプリの「Googleレンズ」でも画像内の文字をテキストデータ化することができます。Googleレンズを起動したら、画面下の「文字」を選択すると画像の文字を写しとれるカメラになります。文字の入った写真や本などにカメラを向けると「コピーしたいテキストにカメラを向けてください」と表示されますので、撮影ボタンを押しましょう。するとその場で写真を解析してテキストデータが表示されます。これをコピーして加工することができます。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約