Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
ビジネスセミナー リモートワーク
リモート会議で参加者の画面一覧が表示されたとき、自分の顔だけ真っ黒で表情が見えなかった…という経験はないでしょうか。そんなタイミングに知っておきたい、逆光対策としてすぐにとれる方法を紹介します。

顔に光が当たるように照明を使う

逆光現象が起こるのは、相対的に顔に当たる光が少なく、それ以外の背景などが明るいためです。第一の対策として、顔に光が当たるように照明の向きや位置を変えましょう。もし向きを変えられる照明がない場合は、代替案としてスマホのライト機能が使えます。直接光を顔に当てると影が出てしまうため、光が強すぎる場合は紙を間に挟むなどして、光を拡散させて和らげるようにするといいでしょう。

背後の明るいところを暗くする

顔に当たる光があっても暗く映ってしまうときは、顔以外の場所が明るいためにカメラのホワイトバランスが崩れてしまっている状態です。窓であればカーテンやブラインドを閉めたり、壁であれば部屋の照明を落としたりして、背景が暗くなるように調整します。または、窓や壁の明るい部分とカメラとの間になるように、自分の位置を移動させるか、カメラの向きを変えるのも効果的です。少し席をずらして、明るい部分に自分が重なるだけで逆光が解消するときも少なくありません。

逆光補正機能搭載のWebカメラを選ぶ

時間によって陽射しの向きが変わり、対策に手間取る場合は、Webカメラ本体に逆光補正機能を搭載したものを選びましょう。メーカーによっては設定用のソフトが付属し、マニュアルで調整できる機能もあります。もし逆光補正機能を搭載していないカメラでも、擬似的に補正するアプリを購入すると設定ができます。ただしカメラの種類や使用するPCのOSによっては対応していない場合もありますので、購入前にレビューや公式情報をよく確認してから選びましょう。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約