Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
セミナー 会議 感染症予防対策
新型コロナウイルスの流行が始まって以来、世界中でマスク着用が定着していますが、日本では夏本番を迎えて、マスクによる熱中症の懸念も指摘されています。どのようなシチュエーションであればマスクを外してもよいのでしょうか?

熱中症予防のため、マスクを外した方がよい場面とは

厚生労働省の資料によれば、以下のような場面では、適宜マスクを外した方がよいとされています。

・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合
・負荷のかかる作業や運動を行うとき
・気温や湿度が高い環境

エアコンが効いて適温に管理されている屋内であれば、マスクを着用していても熱がこもる心配が少なくすみますが、高温多湿となる屋外では、マスクの着用によって熱中症のリスクが高まってしまいます。移動中や屋外での作業中には、人との距離が取れることを確認して、必要に応じてマスクを外し、体温が上がらないよう心がけましょう。

会議室の温度管理や体調管理も「新しい行動様式に」

逆に言えば、室内は屋外よりも感染リスクが高まりますので、なるべくマスクは着用した方がよいといえます。そのため、室温設定も「マスクを着用できるくらいの温度」を意識する必要があります。さらに、密閉空間になることを防ぐために、換気を確保しようとすると室温は高くなります。エアコンの温度設定を、これまでよりも低めにしたり、気温の加減をこまめに聞いて調整したりといった対策が求められるでしょう。

また温度だけでなく、セミナーや面接などにおいても、来場者や応募者に対して涼しい服装を推奨したり、こまめに水分補給を行えるよう促したりする配慮が求められます。

通勤電車や街中で、誰もがマスクをつけている状況では、暑さを感じても外しにくいものですが、熱中症対策との両立のためには、「暑さを感じたり、息苦しさを感じた場合には、周囲の人と距離を取ったうえでマスクを外してもよい」と、アナウンスしておくのもいいでしょう。


イオンコンパス会議室では、出入口に消毒用アルコールを設置するほか、スタッフによる清掃・消毒も行っていますが、感染リスクをよりいっそう下げるために、利用される皆様にも「新しい生活様式」によるご協力を、ぜひよろしくお願いいたします。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約