Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
セミナー 事務局
会社説明会や各種セミナーで欠かせないのが、ホスピタリティの視点。参加者の満足度を高めるためには、内容や配布物といったコンテンツを充実させるだけではなく、環境を快適な状態に整えることも大切です。今回は会場内の「気温」「湿度」についてのヒントを紹介します。

冬の室温の目安は?

室温の設定目安として、環境省が2005年から推進している「WARMBIZ」「COOLBIZ」があります。「WARMBIZ」では、冬季のオフィスの設定温度は「20℃」が推奨されています。ちなみに、満員電車の車両内は25〜26℃にもなるのだとか。冬は厚着になりますし、保温性能や発熱性能の高いインナーを使っている人も多いため、あまり高めに設定するとのぼせてしまう人も出てきてしまいます。また、「上部の空気だけが暖まり足元は寒い」「窓から冷気が伝わり、窓際だけ冷える」というケースもありがちです。室温設定は20℃よりもやや高めにして、冷たい空気がたまってしまう場所には座席を配置しないといった工夫が求められます。

夏の室温の目安は?

次に夏の室温の目安として、「COOLBIZ」における目標温度は「28℃」となっています。その理由は「上着を脱いだ状態で、半袖ワイシャツ+ノーネクタイだと快適に過ごせる気温」だということをご存じだったでしょうか。その服装に夏物のスーツを着用した場合は、26℃になると「暑くもなく寒くもない」と感じる人が多くなるのです。つまり、軽装で室内にいる人にとっては28℃で快適かもしれませんが、厳しい暑さの屋外から会場に来た人にとってはかなり暑く感じるわけです。開場時には25〜26℃前後と低めに設定しておき、説明会・セミナーが始まって人の動きが減ったころに少し高めるのがいいでしょう。

湿度の目安は?

見逃してしまいがちなのが「湿度」。特に冬は、外気の湿度も下がっている上に、暖房によってさらに湿度が下がってしまいます。貸し会議室によっては加湿器の貸し出しを行っているところもありますが、非対応のところがほとんどです。湿度が低いと、同じ気温でも寒く感じがちになるばかりでなく、湿度が40%を下回ると、半数以上のインフルエンザウイルスが生存してしまい感染の危険性も高まってしまいます。口呼吸をしたときに口内が乾燥する感じがしたら、要注意。

対策としては、湿度計を用意して、開場前に濡れたタオルを干して室内の湿度を50%前後まで高めておくといいでしょう。もし湿度を変えられない場合は飲料水や「のど飴」や「ガム」を配布して喉の渇きを抑えてもらうことがあげられます。

気温だけでなく湿度にも気を配って、来場者の満足度を下げないように心がけましょう。


関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約