Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
事務局 人事 人材育成 内部統制
日本人の約15人に1人は、人生のうちで一度はうつ病になると言われています。特に「5月病のシーズン」といわれる時期には、心身の不調が出やすくなるものです。自らの体の調子を気遣うとともに、ともに働く周囲の人たちの心身の不調にも気を配るために、厚生労働省の「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト こころの耳」の情報から、対策と対応法について紹介します。

セルフチェックのポイント

まずは自分自身の不調に気づくポイントを知るところから始めましょう。「こころの耳」では以下のような体の変化が「うつ病のサイン」としています。



  • 憂うつ感:気分が落ち込んでいる、何事にも悲観的になる。憂うつだ。

  • おっくう感:何事にも興味がもてない、何をするにもおっくうだ。

  • 焦り、不安感:イライラして落ち着きがない。不安だ。

  • 睡眠の変化:朝早く目が覚めてしまう、夜中に何度も目が覚めて眠れない、寝つきが悪いなど。

  • 身体の症状:頭重感、頭痛、めまい、微熱、吐き気、下痢や便秘が続く。

  • 食欲・体重の変化:食欲がない。食欲が急に増えた。体重が減ったまたは増えた。

  • 疲労がとれない:朝からぐったりと疲れきっている。疲労感がぬけない。





補足すると…

  • 睡眠時間の変化…トータルの睡眠時間だけではなく、「寝つくまでの時間」「目覚めの良さ/悪さ」「何度も眠ってしまう」といった点がチェックポイント。

  • 気分の落ち込みがずっと続く…一時的に気分が落ち込むことは誰しもありますが、好きなものを食べたり、見たり聴いたりしても気分がもとに戻らないときは注意が必要です。

  • 原因がハッキリしない不調が続く…精神的な不調は体調不良にもつながってくるもの。痛みや不調といった症状はあるものの、診断しても原因がハッキリとしないときなどにも注意が必要です。



周囲からのチェックポイント

本人の体は本人が一番よく分かる…とは限りません。本人は不調を受けとめず、誤魔化したり、見過ごしてしまっている場合も多いからです。同じく「こころの耳」では、周囲からのチェックポイントも挙げられています。


  • 遅刻・欠勤:遅刻や早退が増えた、欠勤することが増えた

  • ミスの増加:ミスや事故が増えた。

  • 仕事の能率:判断力の低下、仕事の能率の低下が見られる。

  • 会話:周囲との会話が減った、昼食などでも一人でいることが多くなった、口数が減った。

  • 表情:表情が暗い、元気がない、顔色が悪い。

  • 身体の症状:頭重感、頭痛、めまい、微熱、吐き気などの訴えがあった。





補足すると…
周囲からハッキリと分かるような兆候があったときは、不調の度合いは深刻だと考えたほうがいいでしょう。仕事場では気を張って、周囲には不調を見せないようにしている人も多いからです。

相談しやすい環境づくりのために「研修・勉強会」を行おう

対策としては「早寝早起きを心がける」「朝、目覚めたら太陽光を浴びる」「なるべく体を動かしたり、普段と違うことをして気分を変える」といった、生活習慣の改善などもありますが、会社としては、小さな変化をなるべく見過ごさないようにするほか、不調について相談しやすい環境作りが求められるでしょう。

人事総務の部門の社員や管理職を対象として「周囲からのチェックポイント」にいち早く気付けるように、また社員全般を対象として「セルフチェックポイント」に該当するものがないか気付けるように、どうすればいいのでしょうか。

一つの対策として「メンタルヘルス研修」があります。加入している健康保険組合で開催されている研修メニューを利用するほか、「メンタルヘルス研修」で検索すると管理職向け、一般社員向けなど、さまざまな研修が見つかりますので、そこから探すのもいいでしょう。

周囲にはあまり知られたくない、というニーズにも応えるため、オフィスではなく、貸し会議室で少人数で行うといった配慮もあると、参加しやすくなります。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約