Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
MICE 事務局
今年の夏は、「命に関わる危険な暑さ」と連日報道されるほど、全国各地で猛暑日が連続しています。都市部も例外ではなく、建物の外に1歩出ると、汗が噴き出すような猛烈な暑さ。室内の空調管理も難しくなっています。

「エアコン28度」の根拠は?

よく「エアコンの設定温度は28度に」といわれていますが、その理由とされるのが、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称・ビル管理法)及び「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」に記された、室温の上限が28度となっていることです。しかし、AERAの記事などによれば、その法制定の基準となった研究は、戦前から1960年代にかけてのものでオフィスの環境は現在とはまったく異なっているのです。しかも28度は「上限」で、推奨される温度ではないとの指摘もあります。つまり、快適な空調管理を考えるならば、28度にこだわる必要性はあまりないといえそうです。

「メーカーの設計基準は26度」

同じ記事では、次のようにも指摘されています。


日本の空調システムの多くは、26度が設計値だという


28度よりも2度低い、26度を基準に設計されているといい、さらに室温28度では、労働の生産性が下がるという研究結果もあるのだというのです。その日の気温や湿度によって、最適な温度は変わって来ますが、26度程度の設定しておいて、会場や来場者の様子を見ながら調整するのが良いでしょう。

貸し会議室ならではのエアコンあるある

毎日仕事をするオフィスならば、「エアコンの風の当たりやすい場所」「冷風が届きにくい場所」「夕方になると西日が入って暑くなる場所」などが分かりますが、貸し会議室は初めてそこに来る人がほとんど。席によって気温が違ってしまうと、集中力にも差が出てしまいますので、運営側は配慮する必要があるでしょう。

この時期の空調管理に役立つのが、サーキュレーターです。小型のものでも、1台あれば会場の空気を撹拌でき、会議室全体の気温を均一に保てます。また、出入り口付近に置いておけば、酷暑の屋外から入ったばかりの来場者に、風に当たってもらうこともできます。

空調のある室内といえども、安全管理には注意しておきたいもの。イベントやセミナーの満足度にも影響するかもしれません。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約