Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
MICE セミナー ビジネスセミナー 事務局
せっかく、多くの人から、バラエティー豊かな意見を得ようとしたのに、発言するのはいつもの顔ぶれだけ…。”声の大きな人だけが発言する”、”言った者勝ち”という雰囲気のグループディスカッションやブレストになっていませんか? グループディスカッションがきめ細かい意見の集まる場になるようなファシリテーターとしての工夫を、いくつか紹介します。

次の話題へ移る前に、いったん話を”巻き戻す”

話題が膨らみ、あるキーワードをきっかけにして、次の話題に進展するなかで新たなアイデアが生まれるのが、多人数でのディスカッションの醍醐味の一つです。しかし、一部のメンバーだけで会話がテンポよく進むと、そのリズムに乗り損なって発言の機会を失ってしまう人も出てきてしまいます。トントン拍子に話が進むときには、忠告や慎重な意見を聞き逃しがち。そこで、一歩立ち止まって話を巻き戻すようにしましょう。別の話題に移っていたら「少し巻き戻るけど、○○については言い残したことある人はいない?」などと、アシストするのが効果的です。

身内ネタを”翻訳”する

発言の機会を逸してしまう原因は、リズムだけではありません。ありがちなのが少数の「身内ネタ」について行けず、よくわからないまま話が進んでしまうケースです。この状況でもファシリテーター力が求められます。一番避けたいのは、司会役もいっしょに「身内ネタ」の流れに加わってしまうことです。まず、一部の人にしか通じない話題であれば、適宜、その前提となる情報を付け加えて、”翻訳”してあげるように心がけます。翻訳することで、話のペースもコントロールしやすくなりますので、一部の参加者だけで盛り上がることのないよう、全員が発言する機会を作れるよう促せるようになります。

話の長さを”調節”する

話が得意な人は、しゃべるスピードが速かったり、話題の転換がうまいものです。ただ、話のうまさとアイデアの質は、必ずしも正比例するとは限りません。滔々としゃべるのが苦手な人のほうが冷静沈着な視点を持っていることもあります。しかし、グループディスカッションの場では、往々にして話が得意な人のほうが時間を占有してしまいがちです。そこで、1回の発言の長さを2分までなどと設定し、その時間よりも長引いたらいったん話を止めて次の人に会話の順番を回したり、「いまの話は○○という理解でいいですか?」と、確認を挟むようにして、その認識に対して他の人の意見を募ったりすることで、一人の話が長くなりすぎないよう調節しましょう。


発言がないからといって意見がないとは限りません。いつもと違うメンバーからの、新しい視点や意見を募るときに、このような方法が役立つかもしれません。次回の会議の際に、ぜひお試しください。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約