Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
事務局 人事 採用
2018年卒生の就職活動がスタートして約2カ月。6月からの採用開始に向けて選考活動を行っている企業も多いと思いますが、ある調査によれば、3月初めの時点ですでに内定をもらっているという学生も少なくありません。早期に内定を出すことによる、採用企業側・学生側のメリットデメリットについて、キャリアマートの「キャリブロ」で取り上げていましたので、その考察をご紹介します。

早期内定は、”諸刃の剣”?

「18卒採用内定はいつ出す!?最適な内定出しのタイミング」という記事にて紹介された、早期内定のメリット・デメリットは以下の通り。

<<早期に内定を出すメリット>>
・早い時期に就活を始めている優秀な学生に内定を出すことができる
・他社よりも早く内定を伝えることで早く入社意志を決めてもらえる
・早く内定を出したことで学生に好印象を与えることができる
・採用活動を早く終えることができる

<<早期に内定を出すデメリット>>
・内定辞退が多数出る可能性がある
・追加募集検討の可能性が出てくる
・先に内定を出した他社の方に優秀な学生が行ってしまう
・最終面接段階で内定を出したいレベルの学生が少ない
デメリットはやはり、『辞退をされてしまうこと』です。


いわゆる「売り手市場」が続くなか、学生が複数の企業から内定を得ることは珍しくありません。内定を辞退する就活生の心理についても、次のように触れられています。

早期内定で辞退してしまう就活生の心理は、ここに決めてよかったのかと不安になってしまうことや、そもそも『安心感』を得るために内定だったことが挙げられます。


「早く内定を出しておかないと、他の企業に取られてしまう」という企業側の焦りと、「数多く内定を取っておかないと、就職先を選択できなくなってしまう」という就活生側の焦りの裏返しが、早期内定が多くなっている理由の一つなのかもしれません。

企業側行うべきこととしては、内定後のアフターケアを充実させ、選択肢としてのプライオリティを継続的に高めることが考えられます。採用計画のなかで、内定から入社までのケアを従来以上に重視するのも一つの方法と言えるでしょう。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約