Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
セミナー ビジネスセミナー 事務局
セミナーやプレゼンの場でスピーチを行うとき、伝えたいことがなかなか伝わらないと感じたことはありませんか? スピーチ内容の精査や構成に注意を払うのはもちろんですが、もっと基本的な「声の出し方」をおろそかにしてしまっては、その努力も無駄になってしまいます。今回は、あらゆる場面で使える、声の出し方のコツを紹介します。

胸式呼吸から腹式呼吸へ

よく「腹から声を出す」などと言いますが、あながち嘘ではありません。人間が自然に呼吸しているとき、その種類には、肋骨筋を使って肋骨を動かすことで肺を収縮させる「胸式呼吸」と横隔膜を上下させることで肺を伸縮させる「腹式呼吸」とがあります。一般に、胸式呼吸は女性に、腹式呼吸は男性に多いと言われますが、男性も気づかぬ間に胸式呼吸になっているときもあります。

胸式呼吸では、声を出すときに喉へ負担がかかり、長時間大きな声を出していると声が嗄れてしまいやすくなります。大きな声量で長時間話すときには、腹式呼吸が適しているのです。声の通りが悪かったり、声のボリュームがイマイチ小さいと感じているならば、腹式呼吸を心がけると改善できます。

声のトーンと速度は「落ち着き」を重視

甲高い声はインパクトがありますが、ずっと聞き続けると疲れてしまいがちです。また、早口での会話も同様に、耳から入る情報のスピードと、脳の情報処理スピードとの差から、聞き続けていると話の内容が追えなくなって、集中力が途切れてしまいます。なるべく飽きさせずに、集中力を保ちながら耳を傾けてもらうためには、低めのトーンで、ややゆっくりなスピードで話すことが大切です。

声の高さやスピードは人それぞれですが、共通するポイントは「落ち着き」。普段から落ち着いていると自覚している人は、いつもの声の高さとスピードで、いつもより上がり気味だと感じたら、普段よりも低めの声で、こころもち遅めに話すといいでしょう。

これらのコツを知っておけば、大きな会場でのスピーチでも、会議室でのセミナーでも、通る声で伝えることができます。イオンコンパス会議室をご利用の際に、ぜひお試しください。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約