Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
TOSHIN SAKAE コミュニケーションルーム
場所を変えると気分が変わるのはもちろんですが、あるポイントを踏まえて選ぶと、今までとガラリと変わることも。そのポイントとは、新しい設備を備えた「新築ビル」。そんな簡単なことと思うかもしれませんが、ビル設備の快適性はここ数年で飛躍的に高まっています。その理由は「空調」と「お手洗い」なのです。

空調の快適性が違う!

一昔前のビルでは、業務用のエアコンによる空調でも「部分的な温度調整ができない」「部屋ごとにエアコンのON・OFFを制御できない」タイプが多かったのですが、近年に建設されたビルの空調は「個別制御」ができるタイプが主流です。温度調節が必要な部屋だけに空調を入れることができ、温度も個別に設定できます。広い部屋では、日差しによって窓際と廊下側で温度が著しく異なる場合がありますが、そのような場合も、それぞれの場所に適した運転状態を選べるため、快適度は高まります。

また、開口部のガラスに断熱性の高いペアガラスを採用するビルもあります。これにより、外気温から受ける温度変化が小さくなり、空調の効率も高まります。

お手洗いの快適性が違う!

エントランスやテナントの入る居室がリニューアルされてキレイになっていても、お手洗いの設備が古いままでは、ビルの年季が感じられてしまうだけでなく、利用者の快適度も下がってしまいかねません。お手洗いは、ビルの新しさを真っ先に感じられるスポットと言っても過言ではないかもしれません。

洗浄便座やハンドドライヤーといった設備面はもちろん、近年は手元の荷物をおけるスペースや、メイク直しができるスペースといった、広さや快適性も重視され、居心地の良い空間を志向したお手洗いも増えています。ニオイに関わる換気性能も、新しいビルのお手洗いでは着実に進化していて、建物自体の換気性能や便座の消臭機能も、最新型の機器を採用した新築ビルと、一昔前のビルとではかなりの差を感じられます。

快適性で選ぶなら、新築ビルの会議室!

会議室を利用するすべての人に「快適性」は影響します。もし「あの会場はイマイチだった…」という経験があるならば、次に会議室を選ぶときには、最新の設備を備えた、新築ビルの会議室を選ぶのはいかがでしょうか? 同じ会議やセミナーなのに、ガラリと印象が変えられるかもしれません。

イオンコンパス会議室の「TOSHIN SAKAE コミュニケーションルーム」なら、2016年6月竣工の最新型オフィスビルを、会議をはじめとしたさまざまな用途でご利用いただけます。地下鉄栄駅直結の「サカエチカ」から徒歩1分。駅近で、新しいビルの会議室を、ぜひご活用ください。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約