Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
MICE 人事 会社説明会 採用 間接コスト低減 面接
新卒採用シーズンになると、Q&Aサイトなどに増えてくる質問があります。それは「採用応募者への交通費について」。「経理上での科目はどうすればいいか?」「そもそも会社が負担するべきなのか?」「選考のどの段階で支払うという一般的なルールはあるのか?」など…そして「交通費の負担を節約したい」という悩みも少なくないようです。

交通費をどこまで負担すべきかは、会社の規定次第

そもそも、新卒採用時の交通費を、どこまで採用側が負担すべきかは、会社によってまちまちです。人材の売り手市場が続くなかで、応募者数を確保したい会社や、一定の選考段階に達した学生の囲い込みを図るために、面接時に必要な交通費を負担する会社も多くあります。それに足並みを揃えると交通費の負担は大きくなってしまいがちです。

また、交通費の精算にともなう、工数の増加も頭の痛い問題です。交通費の領収書が揃わなかったり、精算した交通費を渡すタイミングを逸してしまったりしても、コンタクトが取れなくなってしまう可能性も高いのです。

加えて、応募者によって不公平感があるルールですと、「あの人には出たのに、私には出ない」といった口コミがまたたく間に広がってしまうリスクもあります。それを防ぐために、一定額支給や一律支給にすると、実際にかかる交通費よりも負担額のほうが大きくなってしまいかねません。

交通費の負担軽減と業務工数削減に「地方の会議室で採用活動」という解決策

近隣の地域だけでは、求める人材が確保できない。しかし、説明会や面接で必要になる交通費は予測がつかず予算建ても難しい…。そんな悩みを解決する方法として、貸し会議室を利用した「地方での『集中』採用説明会」はいかがでしょうか。

地方で1日〜2日単位での説明会を行うのではなく、説明会・一次面接・二次面接までも行えば、スピーディーに人材を確保でき、応募者への交通費負担も軽減できます。さらに、連続した日程での会議室の確保や、その期間中の担当者の宿泊施設と交通費なども一括で管理でき、予算建ても容易になるのです。イオンコンパスでは、会議室はもちろんのこと、出張にまつわるすべてをワンストップで対応できるから、複数の地域での採用説明会の手配をまとめてお任せいただくことも可能です。

Q&Aサイトに質問をする前に、ぜひ、イオンコンパスへご相談ください。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約