Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
MICE 会社説明会 採用 面接
新卒・中途・アルバイトなど、採用領域に限らず求人倍率は上昇傾向にあります。優秀な人材ほど、様々な企業から内定通知を受けるため、内定辞退も頻繁に発生しているのが現状です。内定辞退を防ぐ対策に苦慮している企業も多いようです。その対策も、新卒と中途、またはアルバイトでも異なりますが、見直しポイントは共通するところも多いのです。今回は、内定辞退を食い止めるコミュニケーションフロー見直しについて解説します。

内定辞退を確実に防ぐフォロー施策はない!?

内定辞退を「確実に防ぐ」秘策、奇策はありません。そもそも、内定者のフォローだけに注力しても、それだけで応募者に入社の意志が固まることはありません。就活の学生が集まる情報サイトなどには、「内定を受けた直後から、採用担当者の態度が変わった」「急に優しくなった」「連絡が頻繁にくるようになった」という、学生対企業のコミュニケーションの違和感が多く投稿されています。内定者さえフォローしておけば内定辞退率が下がるわけではなく、その前段階から良好なコミュニケーションを構築する必要があるのです。

応募から直接会うまでの「O2Oコミュニケーション戦略」が鍵

応募者1人1人に対し、個別にメールの文面を作る、電話でのトーク内容をもっと凝った内容にしてみる、ということではありません。重要なのは戦略です。まずは応募者に、応募から説明会、面接までに、メール・電話を使って、いつ、何を、どのような内容で何回発信していくのか、それぞれの発信内容への反応に対して、目的を持ち、戦略を立ててコミュニケーションフローを設計していくことが重要です。

採用・不採用のどちらの結果になっても、応募者に不快感を与えず、かつ違和感もなく、連絡を受け取る度徐々に興味関心の度合いが高まっていくようなストーリーとイメージ作りが、コミュニケーションフローを整備するうえでのポイントになるのです。

対面の場でも演出を大切に

応募から直接会うまでの間に、さまざまな情報提供や案内で意識の高まった応募者は、きっと貴社に大きな期待を持って説明会、面接の場に現れることでしょう。そこで、応募者に悪いギャップを感じさせないために、情報提供や案内の内容、スタンスと整合性の取れるよう演出しましょう。また、空間の演出も重要な要素の一つ。真新しい貸し会議室を利用して、空間の質を高めるのも効果的な演出と言えるでしょう。社内で行う場合には、面接で応募者が来社することを共有しておき、全社で応募者を迎えるという意識作りも大切です。

もちろん、開始時間に遅れない、終了時間を守る、あいさつをしっかりする、横柄な態度を取らない、など、最低限のマナーも忘れずに。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約