Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
会議 名古屋駅前会議室 採用
名古屋駅の出口には、西側の「太閤通口」と東側の「桜通口」とがあります。東京駅の「丸の内口」と「八重洲口」とで、街の雰囲気が違うように、「太閤通口」と「桜通口」とでは、いろいろと違いがあります。

新幹線・高速バスでの利便性が高いのは「太閤通口」

ご存じのとおり名古屋駅は、東京・大阪の2つの大都市圏を結ぶ東海道新幹線のすべての列車が停車する、中日本地方の交通の要衝。名古屋を起点として、東西南北すべての方向に鉄道路線や高速バス路線が延びています。新幹線のホームとJRの高速バス乗り場は、いずれも太閤通口側にあります。つまり、遠方から名古屋に向かう場合に便利なのは太閤通口なのです。

名鉄・地下鉄が集まるのは「桜通口」

いっぽう、名古屋鉄道や地下鉄各線の名古屋駅が集まっているのが、東側の桜通口。この地下街「名駅地下街サンロード」は1957年(昭和32年)に開業し、日本最古の地下街と言われています。名古屋屈指の繁華街、栄町もこちら側です。

遠方応募者向けの面接会場は、断然太閤通口がオススメ

ここ数年の売手市場化によって、人材確保は難しくなっていますが、名古屋圏も例外ではありません。以前であれば地元への人材募集で採用計画数まかなえていた企業でも、採用数を確保するために、応募対象の地域を広げています。名古屋圏のみならず、大阪・東京からも人材を集めなければなりません。そこで、遠方からの応募者の採用に、新幹線や高速バスでのアクセスが良い太閤通口近くの会議室のニーズが高まっているのです。

地元採用志向なら、桜通口側が便利!

また、売手市場化により地元での就職口が増えたことで、応募者側には「地元志向」が高まる傾向が見られています。地元や近県からの応募者との面接ならば、名鉄・地下鉄でのアクセスに有利な桜通口側で会場を設定するのがオススメです。

イオンコンパス会議室では、太閤通口徒歩3分の立地に「名古屋駅前会議室」を、桜通口徒歩6分の立地に「名古屋笹島会議室」の2箇所を展開。どちらのニーズにも、まとめてお応えできますので、お気軽にお問い合わせください。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約