Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
セミナー ビジネスセミナー
クールビズの広まりとも相まって、ビジネスの場でのカジュアルスタイル「ビジネスカジュアル」「オフィスカジュアル」といった、少し気楽な服装も許容する動きが広がりつつあります。ところが、「カジュアル」についての基準は人や企業の文化によってさまざま。ドレスコードにおける認識のズレが生まれやすい言葉でもあります。今回は、「ビジネスカジュアル」の基準について、考えてみましょう。

「カジュアル」=「フォーマルではない」という認識は危険!

カジュアルの対義語は「フォーマル」になりますが、「ビジネスカジュアル」だからといって、休日のような着崩した装いだとは限りません。例えば「フォーマル」といっても、冠婚葬祭のときに、主賓側として出席する場合と、来賓側とで出席する場合で、求められる服装は異なります。相手との関係性も大いに影響します。つまり、フォーマルにも度合いがあるわけです。同様に「カジュアル」にも度合いがあり、「ビジネスカジュアル」とは、あくまでもビジネスの場での、相対的なカジュアルだと認識しておいたほうが無難なのです。

「他社の相手」や「顧客」に応対する可能性があれば  

それを踏まえると、「初めて応対する相手」や「ビジネス上のクライアント」などに応対する可能性があるならば、「ビジネスカジュアル」といえども、ネクタイは身につけておいたほうがいいでしょう。ある会社では「ネクタイが締められる」ことを、ビジネスカジュアルの基準として採用しているところもあります。Tシャツや、ハイネックセーターなどは、ネクタイを締められませんので、この基準ではNGです。


セットアップのスーツではなく、上下の色が別であったり、または「ダークカラー」がフォーマルのルールとされる中でビビッドな色彩の色合いのジャケットを選んだりするのも、ビジネスカジュアルの範疇にあてはまります。

自社のスタッフだけであれば、ラフな格好でも  

いわゆる内勤だったり、休日出勤で自社スタッフだけとしか応対しないと、あらかじめわかっているのであれば、もう少し着崩した「ビジネスカジュアル」でも問題ないこともあります。ただし、あくまでも相手との関係性に基づくものですので、みすぼらしく感じられるような格好や、だらしない格好は、ビジネスカジュアルの範疇外といえるでしょう。

会議や研修の場合は?  

「カジュアルな服装でお越しください」と、人材説明会などで案内されることもありますが、ここでも相手との関係性を基準に考えておくのがいいでしょう。服装で個性を表現する考えもありますが、個性の表現方法は、ほかにいくらでもあります。おとなしい服装であっても「TPOに応じた対応ができる、という個性」を表現すると考えることもできるのです。


ビジネスカジュアルについての基準は曖昧で、企業風土や地域によってまったく異なりますが、もし迷っている人が周りにいたら、一つの参考情報として伝えてあげましょう。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約