Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
懇親会
12月に入ると忘年会シーズン真っ盛り。忘年会の幹事担当者のなかには、”本業”よりも忙しくなっている人もいるかもしれません。「終わりよければすべて良し」とのことわざを信じて、一年の締めを過怠なく納めるために、気をつけておきたいチェックポイントをご紹介します。

主賓の”嗜好”は要チェック!隠れたタブーにも気をつけよう

全社をあげて催される忘年会なら社長や取締役、接待忘年会ならば取引先の幹部といった主賓の好みは、あらかじめ把握しておきましょう。料理の味付けやお酒の銘柄のような些細なことで主賓の機嫌を損ねてしまい、あとで上司や同僚伝いにクレームが届く…などという事態は避けたいものです。また会食で、「A」のビール会社の銘柄しかおいていない店を選んだら、相手の会社は「B」のビール会社の系列企業で、乾杯のビールを注ぐときに「『B』ビールではないのか」指摘されてしどろもどろになったという失敗例も。

乾杯と締めの挨拶の担当者には、あらかじめ根回しを

「終わりよければ…」と並んで念頭におきたい言葉、それは「初めよければすべて良し」。宴席にあっても当てはまります。会の始まりを告げる乾杯の挨拶、そして「宴もたけなわですが…」というセリフに続く締めの挨拶、このポイントを押さえておくだけでも、会の印象は大きく違ってきます。そこで、この2つの挨拶の人選と下準備(「挨拶のお題」を伝えておくこと)は欠かさずに行いましょう。役職上位者に依頼することが多いですが、声の大きな人にお願いするのも、始まりと終わりをスムーズにするコツです。

会費の集金はスマートに。事前徴収がベスト!

宴会後、お酒が回っている参加者から漏れなく集金するのは一苦労。招待者がいたときには、その方への配慮も必要であまりスマートではありません。そこで追加料金の発生しないコースを選び、宴会の前日までに会費を徴収しておけば、お金のトラブルを未然に防げます。”白昼堂々”の集金であれば、数え間違いや払い忘れの心配も減らせますし、キャンセルする人への事前確認にもなります。

イオンコンパス会議室では、定額飲み放題のケータリングプランもご用意しています。会議後に同じ会場で、そのまま忘年会・新年会ができるので、参加者する側も移動がなく参加率も上がります! 年末年始の懇親の場として、ぜひご活用ください。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約