Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
セミナー 新商品説明会 ENDO堺筋会議室
貸し会議室を選ぶ際に、大きなファクターとなるのは「立地」です。さまざまな場所から参加者を集める就職説明会やセミナーであれば、ターミナル駅から近い会議室を選ぶのが順当ですが、常にそうとは限りません。ターミナル駅からは少し距離のある場所を会場にするほうが良いケースもあるのです。今回は、そのような視点で会議室選びを考えてみたいと思います。

ビジネスターゲットの街で会場を選ぶと参加率も上がる!

例えば、問屋向けのビジネスセミナーを開催するとしたら、どのような場所で行うのがいいでしょうか。問屋の集まる地域といえば、東京であれば浅草橋や人形町、大阪であれば久宝寺町などを思い浮かべる人が多いでしょう。問屋に限らず、同業社が一つの地域に集まっているケースは少なくありません。そこで、その業種の人たちを集めたいなら、近くで開催するのが王道だといえるでしょう。ビジネスターゲットがいる「街」があるなら、ターミナル駅よりもその近辺に集まってもらうほうが、圧倒的に便利ですし、参加率も高められます。

会議室需要の小さな地域は「おトク」なことも多い

会議室需要の大きな地域では、概してレンタル相場は高くなりがちです。一方、少しターミナルを離れると、同じ広さ・設備の会議室でも、数段価格は安くなります。つまり、同じ予算でより大きな会場、より新しい会場を借りることもできます。コストパフォーマンスの良いおトクな会場を選びたいときには、ターミナルから外れた場所で会議室を探すのもアリです。

意外と穴場!?大阪の貸し会議室の場所

大都市圏では、ターミナルが複数あります。東京なら東京駅、新宿駅、渋谷駅、品川駅など、大阪なら通称「キタ」と「ミナミ」と呼ばれる、梅田駅となんば駅などが代表例でしょう。大阪に土地勘がない場合には、こうした中心地で会議の場所を選定する事は確かに無難かもしれません。しかし、ターゲットを絞ったビジネスセミナーであれば、そのターゲットは都心にいることが多いでしょうから、必ずしも新幹線でのアクセスを考慮する必要はありません。そこで注目したいのが、どのターミナルからの「中間地点」です。例えば、堺筋本町であれば、梅田(大阪)駅からも、なんば駅からも約10分。大阪市内からであれば、どこからも程よく近い場所になります。

周辺環境も銀行や問屋などの並ぶビジネス街で、雰囲気もよくセミナーの印象を高める上でもぴったりです。今、注目されている越境ECセミナーなども、都心の中心部よりもターゲットの問屋さんが参加しやすい地域で開催される方が参加率UPにつながります。

イオンコンパス会議室なら、ターミナル駅近辺の会場も、上記のポイントを押さえた会場も、幅広く手配可能です。おすすめしたいのが、大阪・堺筋本町会議室。新築ビルで行う会議やビジネスセミナーは、利用する企業だけではなく参加者の満足度も高められます。大阪でのビジネスチャンスを広げたいと考えている企業の皆様や、コストを抑えつつキレイな会議室を選びたいという「コスパ重視」の会議室をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください!

※「イオンコンパスENDO堺筋会議室」は飲食物の持ち込みができませんので、ご了承ください。お問い合わせは、こちらのページから。

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約