Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
MICE セミナー 会社説明会 会議 大阪駅前会議室 展示会 市場調査 採用 新商品説明会 研修 面接
JR大阪駅より徒歩3分、大阪駅前第2ビル15階にある大阪駅前会議室です。今年は就活の解禁時期が3ヶ月繰り下げになった関係でしょうか。新入社員を迎えた4月を過ぎても、大阪駅前ではリクルートスーツ姿の就活生をたくさん見かけます。新入社員も就活生も後ろ姿は大変似ているのですが、手に持っているカバンが少し社会人していたり、会社の手提げ袋を持っていたりするので、なんとか見分けることができます。
さて、就活の解禁繰り下げは、私たち貸し会議室業務にも影響し、3月、4月は会社説明会や面接などで多数ご利用いただき例年にも増して盛況だったのですが、さまざまな主催者様の運営のお手伝いをさせていただいた経験から印象に残ったことをご紹介させていただきます。(大阪駅前会議室より発信)
会社説明会 貸し会議室 常駐スタッフ

レイアウトチェンジがある場合〜図面を見ながら計画しましょう

昨今の会社説明会では、企業側が一方的にプレゼンテーションするだけではなく、来場した就活生を巻き込んでワークショップを行ったり、説明会の後に面接試験を行ったりするケースが多く見受けられます。会社説明会からワークショップへ、または面接へ、当然部屋の机や椅子のレイアウトも変えざるを得ません。
複数の部屋を予約しておき、説明会の後、ワークショップは隣の部屋でという進行ができればスムーズですが、ひと部屋でいくつものプログラムを行う場合、机や椅子のレイアウト変更や機材移動の時間が発生します。その間、就活生の待機場所をどうするかなど、会場内の導線を含めて運営方法やプログラムを検討することが重要です。

式次第だけではなく、導線を含めて運営シミュレーションが大切

就活生の参加率を考慮し、交通至便な駅前の貸し会議室を使って会社説明会を開催するケースが増えていますが、会場選びの際は、ひとつの部屋の図面だけではなく、フロアー全体の図面を確認の上、部屋の広さや収容人員、機材の確認だけではなく、プログラムをもとに運営シミュレーションをすることが大切です。
会社説明会の後にワークショップを行うなら、レイアウト変更の間の就活生の待機場所を検討しておく必要がありますし、あるいは、会社説明会の後に面接試験を行うのなら、面接会場としての部屋と待合場所の2つが必要となります。フロアー全体を把握しておけば、就活生の誘導導線もしっかり計画できます。

会社説明会でワークショップや面接等を予定されているなら、「もう一部屋」ご利用をご検討下さい。

会社説明会の準備となると、プレゼンテーションのスライド作成や配布物の準備にばかり気を取られがちですが、当日、設営準備から、就活生を迎えるところ、会場内での誘導、プレゼンテーション後の誘導、見送り、終了後の片付けまで、一連の運営について、しっかりシミュレーションしながら準備することが、会社説明会の成功につながります。運営台本にまとめることで、きめ細かくシミュレーションできますし、何か不足のことがあったら、運営台本を
バージョンアップすることで円滑な運営ノウハウが蓄積されています。

イオンコンパスの貸し会議室、大阪駅前会議室は、主催者様の運営をサポートするスタッフが常駐しておりますので、お気軽にご相談下さい。[大阪駅前会議室]TEL 06-6225-7505

関連リンク

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約