Page Top

貸し会議室なら、駅とお客さまに近いイオンコンパスの貸し会議室

イオンコンパス会議室

貸会議室120%活用術 採用、人事、営業企画、販売・・・貸会議室を使い倒すノウハウ
カテゴリー:
会社説明会 採用 新卒採用 面接
面接時に質問する項目や方法をあらかじめ設定していたとしても、個々の面接官によって質問の伝え方や、回答の受け取り方に差が生じて、一定の評価や判断がしにくくなるという弱点がありました。この弱点を克服するものとして注目を集めているのが「構造化面接」です。

Googleでも採用されている構造化面接のポイントとは

Googleでは自社の採用で構造化面接を利用しているだけでなく、さまざまな組織の働き方の先進的な事例や研究などを集めた「Google re:Work(リワーク)」で、構造化面接を実施するうえでの4つのポイントも紹介されています。


構造化面接に対する Google のアプローチには、次の 4 つの側面があります。

  • 職務に関連性のある、吟味された質の高い質問をする(難問奇問をしない)

  • 評価担当者が簡単に回答を審査できるように、応募者の回答に対する総合的なフィードバックを文書にする

  • 優れた回答、凡庸な回答、劣った回答がどのようなものかについて、すべての評価担当者が共通の認識を持てるように、標準化されたプロセスで採点する

  • 面接担当者が自信を持って一貫性のある評価を行えるように、面接担当者へのトレーニングを提供し、調整を図る




これらのアプローチを用いて、「すべての応募者に同じ質問をして、同じ尺度で回答を採点し、事前に決められた一貫した採用要件に基づいて採用」することが、構造化面接の目的です。

また、構造化面接によるメリットも紹介されています。Googleの社内調査によれば、

  • 採用後に職務で成果を出せる人材をより的確に見極められる

  • 面接時間の短縮につながる

  • 面接担当者および応募者の満足度が高い


といった結果が見られたといいます。

構造化面接を実施するには?

いいところずくめのように見える構造化面接ですが、まだ実施している企業は多くはありません。なぜなら、「同じ質問をする」と聞くと簡単に聞こえますが、1つの正解があるわけではないため、質問を作るのが難しいのです。また、質問を作るまでの過程では「採用する人材の要件定義」が求められます。

どのような人を採用するかが定義されていないと、そのような人を正しく評価する質問も作ることができません。「Google re:Work」ではこのほかに、「行動についての質問と仮定に基づく質問の違いを理解する」「難問奇問を避ける」ことが挙げられています。

また、上記の詳細情報のほか、ルーブリック(評価基準表)のサンプルも「Google re:Work」の「構造化面接を実施する」のページに公開されていますので、面接手法のトレンドを取り入れたい方は、ぜひ参考にしてください。

関連リンク

関連リンクはありません。

関連記事

機材や飲食の手配など何でもご相談ください!
空室確認・ご予約は各店舗へお電話を!
店舗一覧 受付時間9:00~18:00(平日の月曜~金曜)
時間外はネットでどうぞ 空室確認・ご予約